今や援交相手を探すなら出会い系サイトよりも無料通話アプリ

援交女性を探す手段は出会い系サイトや掲示板というのが一般的な考えかと思いますが、最近は事情が変わってきているようです。
というのも、こういった手段ではいろいろとトラブルになることが少なくないからです。
まずひとつに、サクラの存在です。
サイトで見つけた援交を求めている女性にメールを出しても、何度もメールのやりとりだけさせられて実際に会えることはほとんどありません。
なぜなら大半がサクラだからです。
また実際に会えたとしても、女性と男性がグルになり美人局を行なってお金を巻き上げられたというケースも珍しくないのです。
男性がシャワーを浴びている間に女性が財布を盗んで消えたということもしばしば耳にします。
このように、出会い系サイトにおいて本当に援交の相手を求めている女性を探すのはなかなか簡単ではないのが実情なのです。
そこで最近は男女交際コミュニティサイトを利用することが多くなっています。
ここでプロフィール検索をすれば、無料通話アプリのIDを交換してくれる女性を見つけることができます。
もちろん表向きはいろいろなコミュニケーションが目的ですが、実は彼女たちは援交の相手を探しているのです。

援交は需要と供給の関係

最近の援交は無料通話アプリが活躍しているようです。
出会い系サイトや掲示板などでIDを交換すれば直接やり取りができますし、IDを検索すれば相手のデータが得られるので非常に便利です。
特にお金のない女子高生はこのツールで援交を行なうのが基本となっているようですよ。
ただし援交は売春と同じく犯罪行為ですから、男性も女性もそれをしっかり認識しておかなければなりません。
昔から男性は若い女の子が好きといわれますが、もし相手が18歳未満の場合には買春以外に未成年者育成保護条例や児童ポルノ禁止法などに違反することになり罪に問われます。
女性の場合には罪にはなりませんが補導や保護対象となってしまうので注意が必要です。
このように違法行為とわかっていながらもなぜ援助交際はなくならないのでしょうか。
それはやはり需要と供給があるからです。
男性は常に女性とセックスがしたい、それも若い女の子のほうがいいという男性も多く、たくさんの「お小遣い」が貰えます。
女性にすれば普通にアルバイトなどをするよりもはるかに効率よく多くのお金を手に入れることができるのですから、見知らぬ男性とセックスをすることにさほど抵抗を感じなければ援交は非常に「割」のいいアルバイトといえるでしょう。
中にはセックスがしたいからという理由で援交をする女性もいて、その場合には趣味と実益を兼ねたさらに効率のいい「仕事」となります。
でも、いくら若い女の子とセックスがしたいから、簡単にお金が儲かるからといった男女それぞれの理由があったとしても、援交をするべきでないのは当然なのです。

今どきの女の子は、援交で手軽で簡単にお小遣い稼ぎ

20歳を超えたもう少し大人の女性ならいざ知らず女子高生がセックスがしたいから援交をする、なんてことはあり得ないでしょう。
では、なぜ彼女たちは援交をするのでしょうか。
それは言うまでもなくお金のためです。
高校生のころというと、おしゃれや食べること、そして遊ぶことが一番楽しいころです。
けれども親から与えられるお小遣いは限られていてすぐに使い果たしてしまいます。
かといってアルバイトをしようにも時給は1,000円未満がほとんどの上、学校やクラブ活動などでほとんど時間がありません。
さらに学校や家庭によってはアルバイトが禁止されていることもあります。
それならどうすればいいのか?
その答えが、援交というわけです。
援交なら1、2時間で2〜3万円くらい稼ぐのは簡単ですから、ちょっとした空き時間でも可能です。
それくらいなら親にちょっと友だちと遊んでくると言って出かけてもバレないでしょう。
今どきの女の子は見ず知らずの男性とセックスをすることにさほど抵抗を感じないことも多く、それよりも自分の物欲を満たしたいという思いが大きいのです。
しかし、援交は売春と同じだという点をしっかり認識しなければなりませんよ。

援助交際の中心にあるものは「現金」

援助交際の中心にあるものは何か考えてみましょう。女の子にお金を支払う男性でしょうか?それともエッチをさせてお金を稼ぐ女の子でしょうか?実はそのいずれでもありません。中心にあるものは「現金」です。渡されるお金が援助交際の中心になっています。

女の子が援助交際するのは「現金」が目的。
男性は「現金」を女の子に渡して、エッチができる権利を獲得できるわけです。

「現金」がなければ援助交際は成り立ちません。男性は援助交際が売春であることは百も承知。最悪は逮捕されることもあるのです。けれども「現金」を支払うことで若い女の子とエッチできるわけです。逮捕されるリスクをかけてもセックスをしてみたいのでしょう。

そんなリスキーな賭けをしてもエッチしたいから、数時間で数万円という高額な金額でも支払うことを躊躇しません。女の子の目線で考えたら、スケベなエロ爺とエッチする行為の見返りです。それぐらい頂かないと割に合わないのです。

いずれの側もエッチしているときに考えているのは相手のことではないです。お金の事しか考えていないのです。

援助交際とオブラートにつつまれている売春が発覚したら人生を棒にしてしまいます

援助交際を売春という犯罪行為だと捉えていない無知な女の子がとても多いです。売春はもしも警察に見つかれば逮捕されます。言い訳をしても、無駄です。そんなリスクがあるにもかかわらず、男性も女性も手を出してしまうのです。

どうして、危険な援助交際(売春)に手を出してしまうのでしょうか?それは男性が性欲を持て余しており、それをティーンエイジャーなどの女の子に求めているからでしょう。お金を出しさえすれば若い肉体を好きなだけ堪能できるのです。性行為ができるならば、多少無理をしてもお金を支払うのでしょう。

女の子は、セックスすることでお小遣いかせぎになるのです。ファーストフードやコンビニエンスストアでバイトするよりも拘束時間も少ないので時給計算で考えると効率が良いのです。

援助交際を希望する男性が常に存在していることが最も問題です。だからこそ、援助交際がいつまでたっても亡くなりません。マスターベーションでは性欲を満たしきれないのでしょう。しかし、援助交際とオブラートにつつまれている売春が発覚したら人生を棒にしてしまいますよ。

援助交際(売春)増加の理由はスマートフォンやケータイ電話の普及と出会い系サイトの誕生にある!

援助交際は売春行為ですから犯罪です!売春は今に始まったことではありません。昔からあったことですが、今のように援助交際が多くなったのはある理由があります。
その理由はiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンやケータイ電話の普及があります。

面識がない人物とも簡単に繋がれる世の中になったからです。それまでは繁華街でのナンパから売春・援助交際がありました。しかし、そんな相手を簡単に見つけることはできなかったのです。それがモバイル端末の誕生と出会い系サイトの誕生で一挙に世界が変わりました。

援助交際をする相手の男性を見つけることは、ヤル気になれば簡単にできるようになりました。掲示板に援助交際募集の投稿をすれば、変態男性がそれに反応します。返事をしてくるのです。
売春である援助交際を希望する女性は、それが犯罪行為であることも理解しない無知な人間です。

さらに、今はアプリ化になっていますから、さらにハードルが低いです。無料通話アプリを日常的に使っていますから悪いことをしている感覚になってません。